製品紹介

形状別

材料別

加工品(切削形状)

外形加工

サイズ:最大550 × 1,000mm
形状:長方形、円、異形
材質:[樹脂]
フェノール(ベークライト)、エポキシ、ポリアセタール(POM、ジュラコン)、アクリル、ポリカーボネート、炭素繊維プラスチック(CFRP)、塩化ビニール、ウレタンゴム 他
[金属]
アルミ、銅
[その他]
木材

穴加工

丸穴、四角、スリット(溝)、異形、ねじ穴(タップ加工)等
穴径:最小φ0.5㎜~

座繰り加工

深さを調節し未貫通部分を切削。ポケット加工とも呼ばれる。穴、皿穴、異形等。

Vカット加工

表裏両面からV字溝を切削。加工後は手で切断可能。

材料別

フェノール樹脂

熱硬化性樹脂、主に紙基材。別称の“ベークライト”は発明者の名前に由来し略してベーク材とも呼ばれる。
電気的、機械的特性が良好、特に耐熱性、難燃性に優れる。
当社実績はプリント配線板、各種部品、治具板等。

プリント配線板材料に詳細を記載

エポキシ樹脂

熱硬化性樹脂、主にガラス基材。強度や寸法の安定性が優れている。
またフェノール材と比較し耐熱性や吸湿性、絶縁抵抗が優れる。
用途として接着剤の材料としても知られる。当社実績はプリント配線板、各種部品。

プリント配線板材料に詳細を記載

ポリアセタール樹脂

熱可塑性樹脂、略称はPOM(ポム)。
強度と電気特性、自己潤滑性が特徴でエンジニアプラスチックに分類される。
ホモポリマーとコポリマーに分類され、コポリマーの代表格である「ジュラコン」はポリプラスチックス社の商標名。
主に機械部品分野で活躍しており、用途として歯車や軸受け等。当社の加工実績は製品固定治具。

アクリル樹脂

熱可塑性樹脂。高い透明性が特徴で耐衝撃性、耐候性にも優れている。
利用分野は幅広く、特徴である透明性を活かしたものが多い。携帯電話の表示窓、照明板、水槽、各種レンズ等。

ポリカーボネート

熱可塑性樹脂。耐熱性、強度に優れておりエンジニアリングプラスチックにも分類される。
略称では「ポリカ」「CP」等。
外観上アクリルと分類するのは困難だが、燃え難く対衝撃性で勝り、透明度では劣る。

CFRP

炭素繊維強化プラスチック、炭素繊維を基材に用いた樹脂との複合材。
カーボン樹脂とも呼ばれる。強度と軽さが特徴で航空宇宙、スポーツ、産業分野等で活躍している。
見た目にも特徴の有るカーボン繊維の織り方は一般的に「平織」と「綾織」の2パターンがある。
当社ではプリプレグシートを積層したドライカーボンの他、他材質を貼り合せた複合板の加工実績もある。

塩化ビニール

熱可塑性樹脂。軟質、硬質の2種類があり、省略して「塩ビ」または「PVC」とも呼ばれる。
難燃性、耐久性、耐油・耐薬品性に優れる。上下水道や電線、建材などから日用品、医療器材まで幅広く利用されている。

アルミ

アルミニウム。耐食性、非磁性、熱伝導性が特徴で軽量で加工性がよい。
身近なところでは一円硬貨やアルミ箔、飲料缶の原材料である。当社ではA1050、2017、5052で実績有り。

加工性と導電性、熱伝導が優れており電気機器部品、銅線をはじめとしてあらゆる分野で使用されている。
またプリント配線板では銅箔と樹脂積層板が接着された銅張積層板から回路形成される方法が一般的。

木材

小さい木材を接着して作られる集成材や、薄い板を重ねた合板(ベニヤ板と呼ぶことが多い)などがある。
用途としては家具や日用雑貨など様々なものに使用される。
サンプルはオーク材を加工。

特殊材

鉱物系
珪藻土

複合材

エポキシ+粘着層+PET
銅+セラミック
鉄+ポリエステル樹脂
CFRP+特殊材

GFRP

Glass Fiber Reinforced plasticsの略。
ガラス繊維を強化材に使用したプラスチック複合材の総称。
母材(マトリックス)はポリエステル樹脂やエポキシ樹脂等熱硬化性のものが多く、当社が加工を得意としているガラエポ材もこのGFRPの一種。

プリント配線板材料

当社で外形加工するプリント配線板は主にリジット基板と呼ばれる硬質のものです。
一方、折り曲げられる柔らかい軟質のものをフレキシブル基板と呼びます。
      
ここではリジット基板の代表的な材料種を紹介します。
これらの材料はプリント基板以外の各種薄板加工用としても取り扱いしております。

○紙フェノール板(FR-1)
紙を基材にフェノール樹脂を含浸させて成形する。
・ガラス材と比較し安価である。
・主に片面プリント基板に使用される。
・電気特性、機械的特性、寸法安定性ともガラス材に劣る。

○ガラスエポキシ積層板(FR-4)
ガラス布基材にエポキシ樹脂を含浸させて成形する。
・リジット基板では最も一般的に使われている。
・両面、多層基板等多くに採用されている。
・他にも一般用(G-10)、高耐熱(FR-5)等のグレードがある。

○ガラスコンポジット板(CEM-3)
ガラス不織布を基材としガラス布でサンドしエポキシ樹脂を含浸させて成形する。
・FR-4と比較し安価で加工性に優れる。
・FR-4と比較し機械的な強度や寸法の安定性でやや劣る。
・両面基板の多くに採用されている。